葛飾幼児グループ
HOME
葛飾幼児Gについて
児童発達支援事業の活動
ある日の幼児G
 ・Vol.1
 ・Vol.2
 ・Vol.3
ギャラリー
ご協力のお願い
理事長のひとりごと
リンク集
NPO法人設立にあたって

 6月25日(日)、7月1日(土)、恒例の保育参観が行われました。
嬉しいことに、近年、お父さんの参加が増え、全会員親子で活動するには児童館のホールも手狭になり始めていたこともあり、今年度は平日メンバー(火曜〜金曜通所)と土曜日メンバーとで分けて行うことになりました。そして今年も、たくさんのお父さん方に参加していただきました。皆さん!お忙しいなか、本当にお疲れさまでした。

 

平日メンバー参観日
 
 登館後、児童館のホールやプレイルームに組まれたアスレチックで自由に遊んだあと、いよいよ活動の始まり。「お母さんに向かってのかけっこ」や「サイコロを使った親子遊び」など、日々お母さんが奮闘している体を使った遊びを、お父さんバージョンで行いました。いつもとは風景の違う肩車や、大きな背中でのおんぶに子どもたちも満面の笑顔!そしてお父さん対抗のいす取りゲームでは…相手を牽制し合う巧みな心理戦のなか、幼児用のいすを本気で取り合うお父さんたちに、ホールは大いに盛りあがりました。その後はみんなで感触遊び(ドローリ)。子どもたちと一緒に感触を楽しんだり、新色を作りだそうと意気込むお父さんが居たり、各々の楽しみ方で大人も楽しんでいました。

 

土曜日メンバー参観日

 土曜日は、通常通りの保育活動(グループ別→個別)を行いました。30℃にとどく暑さのなか、お父さん方にはいつものジョギングにお付き合いいただくことから始まりました。その後のおはよう場面では、ひとりずつ前に出てリーダーの問いに答える応答、模倣による姿勢保持など、個々の勇姿を披露。そしてその後も、ゲーム、運動や個別の中で時々お父さんに参加してもらいながら、子どもたちのいつもの様子を見てもらうことができました。

ある日の幼児グループ