葛飾幼児グループ
HOME
葛飾幼児Gについて
児童発達支援事業の活動
ある日の幼児G
ギャラリー
ご協力のお願い
理事長のひとりごと
 ・Vol.1
 ・Vol.2
 ・Vol.3
 ・Vol.4
 ・Vol.5
 ・Vol.6
 ・Vol.7
 ・Vol.8
 ・Vol.9
 ・Vol.10
 ・Vol.11
 ・Vol.12
 ・Vol.13
 ・Vol.14
 ・Vol.15
 ・Vol.16
 ・Vol.17
 ・Vol.18
 ・Vol.19
 ・Vol.20
 ・Vol.21
 ・Vol.22
 ・Vol.23
 ・Vol.24
 ・Vol.25
 ・Vol.26
 ・Vol.27
 ・Vol.28
 ・Vol.29
 ・Vol.30
リンク集
NPO法人設立にあたって

 最近、二人の娘と共にはまっていることがあります。それは、あるインディーズバンドの追っかけ。そもそも長女が、近所のショッピングモールで営業していた彼らの演奏に惹かれて、渋谷、大阪とライブのハシゴを始め、「お母さんも聞いてみて」とCDを渡されたのがきっかけでした。長女と同い年の彼らの楽曲は、母親世代の私にもスーッと入り、自然に聞くことができました。詞が心に沁み、特にラブバラードは乙女チックな私の胸をキュンとさせました。以来私にとって初体験の連続です。
 昨年の7月、赤坂BLITSでのスタンディングライブ。荷物は駅のロッカーに預け、身軽になって並んで入場、場所を確保。それからの2時間は体を揺らし、手を振ったり、拳を突き上げたり、タオルを回したり、大好きな曲を歌ってくれる時は一緒に口ずさみ、無我夢中。次女が時々空気の読めない声援を送るのを制止しながら、おおいに発散することが出来ました。
 一方、今年2月の赤坂BLITSは、次女が興奮しすぎて止めようとした長女と揉め、途中から大荒れという苦い経験も。
気を取り直して5月の日比谷野外音楽堂。ここは指定席だったので荷物の心配なし、次女が周りの人とくっつきすぎる心配もなし、オリオンビールを飲みながら、日の傾きを感じつつ開演を待つのも良し。3人3様のオリジナルTシャツもばっちり決まって、今夜は最高!心を一つに楽しむことが出来ました。舞台と客席が近く、アットホ−ムな雰囲気の日比谷野音は素晴らしい!
 8月はイベントが盛りだくさん。新アルバム発売を記念して、きっかけとなった近所のショッピングモールで握手会があることを知り、さっそく握手券を3人分ゲットするために、新アルバムを3枚予約してしまいました(超無駄づかい)。
 そしてフジテレビの「めざましライブ」を観るために、午後4時開演にも拘らず朝食用おにぎりを持って、整理券配布の1時間前には現地到着。並んで列の前後のファンとおしゃべりしながら待つのも楽しい。炎天下お台場で時間をつぶし、順番に着いた席は前から5番目。翌日のTV放映で自分を発見。もちろん録画してあります。
 握手会当日は朝からちょっとドキドキ。猛暑の中、昼から待機してミニライブを間近で聞き、最後に握手。感激でおいおい泣きだした次女に、「また会おうな」「これも持って行きな」と口々に声をかけてもらい、写真にサインと初、初、初。
 だんだん知名度が上がり、いよいよファンクラブが出来るそうで、チケットが取りにくくなる寂しさも感じています。人生初の追っかけの対象は、美ら海、美ら空、美ら人の沖縄県出身、4人組の「かりゆし58」です。

理事長のひとりごと

追いかけてます