葛飾幼児グループ
HOME
葛飾幼児Gについて
児童発達支援事業の活動
ある日の幼児G
ギャラリー
ご協力のお願い
理事長のひとりごと
 ・Vol.1
 ・Vol.2
 ・Vol.3
 ・Vol.4
 ・Vol.5
 ・Vol.6
 ・Vol.7
 ・Vol.8
 ・Vol.9
 ・Vol.10
 ・Vol.11
 ・Vol.12
 ・Vol.13
 ・Vol.14
 ・Vol.15
 ・Vol.16
 ・Vol.17
 ・Vol.18
 ・Vol.19
 ・Vol.20
 ・Vol.21
 ・Vol.22
 ・Vol.23
 ・Vol.24
 ・Vol.25
 ・Vol.26
 ・Vol.27
 ・Vol.28
 ・Vol.29
 ・Vol.30
リンク集
NPO法人設立にあたって

 今年、消費税の値上がりをキッカケに冷蔵庫を買い替えました。1974年7月に購入した3ドア冷蔵庫です。そう30年の間、ただの一度も故障することなく我が家の台所に鎮座し、家族のために働いてくれました。「冷えてないんじゃない?音がうるさくない?電気代がもったいない!」等々、周りの人たちからはいろいろなことを言われたけれど、元来金銭的余裕のある家ではないので、まだ使える内から新品を購入する習慣がありません。生協の配達日には一杯になって、一週間でほとんど空になるサイクルが、長く長く続きました。子ども達とほぼ同い年で、もう家族の一員とも言える冷蔵庫。ドアには子ども達3人分の予定が、いつもびっしり貼ってありました。さすがに30年経ち、いつか火を噴いたり、うんともすんとも言わなくなる日も近いのかなと、愛着を振り切って、さよならすることにしました。
 実は、我が家には他にも古いものがあります。2番手はオーブンレンジ。1994年製の20年選手。我が家では2代目にあたります。初代は、挙式後1年経ったカップルを集めた結婚式場のパーティで、くじ引きの特賞として当たったもの。電子レンジの出始めた頃で、レンジ機能だけだったのに随分重くて頑丈なものでしたが、10数年で動かなくなりました。
 3番手は炊飯器。こちらは、蒸気口のパッキンや内釜を取り替えながら15年。「えーっ、内釜って買えるんだ!新しいのを買った方がおいしいでしょ。」と、これまた驚かれたり、けなされたり。そりゃそうかもしれないけど十分おいしく食べてるし、まだ使えるんだからもったいない。             
 私の洋服や靴も同様で、20年30年、中には40年近く愛用しているものもあります。購入するときは、よーく吟味して、高級ブランドではないけれど、ちょっとだけ良いものを選びます。そして大切に大切に使います。端から見ると色あせて、みすぼらしく見えることもあるかもしれないけれど、好きな物は好き。穴が空いても着ているTシャツもあったりします。
 一方昨年、13年使った洗濯機を買い替えた時には、店員から「洗濯機は7年持てば十分ですよ」と言われ、驚きました。電化製品の寿命は10年と聞いていたのに、今やもっと短くなっているのだと。新製品が出ると並んでまで飛びつく今の消費社会。なんだかもったい。でも、そう言うと年だからと言われてしまうのも寂しくて。まだまだ、ながーく愛する運動続けます。

理事長のひとりごと

ながーく愛して