葛飾幼児グループ
HOME
葛飾幼児Gについて
児童発達支援事業の活動
ある日の幼児G
ギャラリー
ご協力のお願い
理事長のひとりごと
 ・Vol.1
 ・Vol.2
 ・Vol.3
 ・Vol.4
 ・Vol.5
 ・Vol.6
 ・Vol.7
 ・Vol.8
 ・Vol.9
 ・Vol.10
 ・Vol.11
 ・Vol.12
 ・Vol.13
 ・Vol.14
 ・Vol.15
 ・Vol.16
 ・Vol.17
 ・Vol.18
 ・Vol.19
 ・Vol.20
 ・Vol.21
 ・Vol.22
 ・Vol.23
 ・Vol.24
 ・Vol.25
 ・Vol.26
 ・Vol.27
 ・Vol.28
 ・Vol.29
 ・Vol.30
 ・Vol.31
 ・Vol.32
 ・Vol.33
 ・Vol.34
 ・Vol.35
リンク集
NPO法人設立にあたって

 私が葛飾幼児グループの職員として働き始めた時に、初めて担当したのは、色の白い少しふっくらした可愛い可愛い男の子。Mちゃんと言い、ニックネームは白クマちゃん。対人が弱く、視線をいつも斜め上に向け、なかなかこちらを見てくれない。青戸児童館のホールに積んである巧技台の上に彼を立たせ、「Mちゃん、おいで!」と手を広げると、Mちゃんは少し真剣な表情になって私に飛びつく。そして笑顔。振り回したり、トランポリンでジャンプしたり、強い刺激を好み、繰り返す。
当時の常勤職員の1人だった大先輩の赤尾が、新人の私にぴったりついて、周りに背後霊と言われつつも指導する。何せ、私は3月まで保護者の一人だったわけで、一緒に過ごしていた保護者からは、なんぼのもんじゃという視線が常にある。

 Mちゃんは私の次女と同い年。当時30人ぐらいの在籍児の中に、同い年が10人ほどいた。小学校、中学校はばらけたが、高等部のある葛飾養護学校(現特別支援学校)には、大方の子どもたちが再び集まった。けれどMちゃんは、小学校からずっとママと一緒に、電車に乗って区外に通学していた。

 大人になったM君は生活介護施設に通所している。色白美人で鈴をころがすような美しい声の持ち主であるママは、毎日毎日夕方はM君と一緒にウォーキングをしている。先日、二人とすれ違った時、あまりのスリムさに直ぐにはM君と気付かなかった。でも斜めの視線で、あっと振り向いた時には、すでにはるか後方に進んでいた。走って追いかけると速い!ママはいつもこんなスピードに付き合っているんだ!すごい!

 この話を職員にすると、「朝いつもお母さんらしい人と一緒に歩いている男性を見ます」「たまにお父さんらしい人と歩いています」「雨の日もかっぱを着て歩いています」という情報が集まった。夕方見かけることもあるという。始めはM君以外にもそんなすごい親子がいるのかと思ったが、どうも親子の風貌などを聞き集めると、朝の親子もM君親子のような。私は矢も楯もたまらずママに電話してみた。何と、それはやはりM君で、毎日朝、夕、雨の日も雪の日も歩いているという。「Mの為だと思うから。Mは他に打ち込めることがないから、歩かないと内にこもって自傷に行ってしまうの」とママ。パパも定年になったので、今年から時々一緒に歩いてくれているという。「入所施設とか、どこかに預けようとは思わないの?」と問うと、「看てあげたいの」とママ。

 毎日続けるって本当に大変なことで、それを実行しているママに対しては称賛の言葉しか浮かびません。昔、通所児の母親の一人が「私たち、くじを引いちゃったね」と言いました。障害のある人の人生は、すなわちその親の人生でもあるわけで、どんな生き方をするかは十人十色。私はM君のママに頭が下がるばかりです。

理事長のひとりごと

頭が下がります