葛飾幼児グループ
HOME
葛飾幼児Gについて
児童発達支援事業の活動
ある日の幼児G
ギャラリー
ご協力のお願い
理事長のひとりごと
 ・Vol.1
 ・Vol.2
 ・Vol.3
 ・Vol.4
 ・Vol.5
 ・Vol.6
 ・Vol.7
 ・Vol.8
 ・Vol.9
 ・Vol.10
 ・Vol.11
 ・Vol.12
 ・Vol.13
 ・Vol.14
 ・Vol.15
 ・Vol.16
 ・Vol.17
 ・Vol.18
 ・Vol.19
 ・Vol.20
 ・Vol.21
 ・Vol.22
 ・Vol.23
 ・Vol.24
 ・Vol.25
 ・Vol.26
 ・Vol.27
 ・Vol.28
 ・Vol.29
 ・Vol.30
 ・Vol.31
 ・Vol.32
 ・Vol.33
 ・Vol.34
 ・Vol.35
 ・Vol.36
リンク集
NPO法人設立にあたって

 8月の最後の月曜日、私は娘2人と孫の4人で上野動物園へ行ってきました。月曜日に動物園?何か不思議、休園日じゃないの?とお気付き方もいらっしゃるのではと思います。
 実は「ドリームデイ・アット・ザ・ズー」というイベントがあり、障害のある子どもたちのために施設が解放されていたのです。事前にチラシを見た私は動物園に電話し、子どもたちと書いてあるが成人した人は対象外かと尋ねました。大丈夫ですとの答えを得て、長女も私も休みを調整し、開催を心待ちにしていたのでした。
 当日、動物園の門の前には休園日の看板が立っていました。でも、ぞろぞろぞろぞろ対象の家族連れが入っていきます。外国人を含めた観光客らしき人々が、不思議そうにボランティアガイドから説明を受けていました。

 そもそもこの催しは「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」として、障害のある子どもとその家族を閉園後の動物園に招待し、楽しいひとときを過ごしてもらうための国際的な活動で、1996年にオランダのロッテルダム動物園で始まったそうです。
 上野動物園では昨年に続いて「ドリームデイ・アット・ザ・ズー」の取り組み。小さい子どもたちをはじめとして、10時から15時までの開催は、ちょうど良かったのではないでしょうか。普段の週末はたいへん混んでいて、ボランティアガイドの説明を聞いたり、スタンプラリーに参加するのも難しいけれど、この日は、ゆっくり回ることが出来て、いろいろと新しい発見がありました。

 車いすの方も大勢いましたが、ストレッチャーに乗った方もいて、重度心身障害児、医療的ケア児、その他の障害児者とその家族が、周囲を気遣うことなく動物園体験が出来る環境は、たいへん素晴らしいと思いました。

対象
 下記を持つ子どもとその家族及び介助者
 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
 小児慢性疾患受給者証

事前申し込み不要

内容
 園内見学…パンダもゆっくり見ることが出来ました。
 移動水族館うみくる号…葛西臨海水族園から魚たちも
            やってきました。
 東京動物園ボランティアーズによるガイド…
      大勢の方々が働いていらっしゃいました。
 小動物とのふれあい
 でこぼこスタンプラリー
 そのほかいろいろ

 視覚障害者向けプログラムや、聴覚障害者への手話対応なども行っていました。

 嬉しいことに、この日は入園もモノレールも全員無料。もちろん売店やギフトショップも開いていて、休憩時に生ビールを飲むことも出来ました。

理事長のひとりごと

ドリームデイ・アット・ザ・ズー