葛飾幼児グループ
HOME
葛飾幼児Gについて
児童発達支援事業の活動
ある日の幼児G
ギャラリー
ご協力のお願い
理事長のひとりごと
 ・Vol.1
 ・Vol.2
 ・Vol.3
 ・Vol.4
 ・Vol.5
 ・Vol.6
 ・Vol.7
 ・Vol.8
 ・Vol.9
 ・Vol.10
 ・Vol.11
 ・Vol.12
 ・Vol.13
 ・Vol.14
 ・Vol.15
 ・Vol.16
 ・Vol.17
 ・Vol.18
 ・Vol.19
 ・Vol.20
 ・Vol.21
 ・Vol.22
 ・Vol.23
 ・Vol.24
 ・Vol.25
 ・Vol.26
 ・Vol.27
 ・Vol.28
 ・Vol.29
 ・Vol.30
 ・Vol.31
 ・Vol.32
 ・Vol.33
 ・Vol.34
 ・Vol.35
 ・Vol.36
 ・Vol.37
 ・Vol.38
 ・Vol.39
 ・Vol.40
 ・Vol.41
 ・Vol.42
 ・Vol.43
 ・Vol.44
 ・Vol.45
リンク集
NPO法人設立にあたって

 我が家の最近のブームは週末の動物園巡り。孫も一緒にお弁当を持って、今日はこちらへ、今度はあちらへ。せっかく上野動物園が近いけど、大人気で未だに週末は予約が取れないので、他県や西の方まで出かけています。そこで今回のコーヒーブレイクは動物園をご紹介します。広い敷地を歩きまわると、四季の移ろいを感じ、運動不足解消にも役立ちます。どちらも愛の手帳や身体障害者手帳などがあれば、本人と介護者1〜2名が無料で入園できます。予約が必要な園もあるので、事前にホームページなどで確認してくださいね。

 市川市動植物園はこぢんまりした動物園。大町公園の中にあり、フィールドアスレチックのありのみコースも近くにあります。人に見られるのが大好きなオランウータンがいて、よく動いてくれて楽しいです。新幹線のミニ鉄道も人気で、大行列でない限り必ず乗って帰ります。

 千葉市動物公園は展示場が広く、動物がゆったり生活しています。何といってもライオンの前の芝生広場の見晴らしがよく、ここの雄ライオンは少し小高い位置に座り、遠吠えもしてくれるので、雄姿を見ながらピクニックするのがお勧めです。2本足で直立するレッサーパンダの風太君も健在です。動物を堪能したら、ふれあいどうぶつの里で、引き馬や採掘体験、コインゲームなども楽しめます。孫はトーマスの汽車と「てくてくパンダさん」がお気に入り。我が子の時は緩まなかった財布のひもが、孫にはついつい緩んでしまいます。

 よこはま動物園ズーラシアは動物の生息地域ごとに区画されていて、雰囲気作りが上手。飲食店も点在し、ディズニーランドの様です。オカピもいましたが、アフリカのサヴァンナエリアが広くて面白かったです。また、要所要所にある幼児にも出来るアスレチックが充実しています。2005年に障害のある子どもたちとその家族を招待する「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」を日本で初めて開催したそうです。

 埼玉県こども動物自然公園はペンギンの水槽が大きくてキレイ。コアラが大事にされています。カピバラは冬季限定で、お風呂に入っていました。開園40周年を記念して、昨年オーストラリアからやってきたウォッカは、食べ物を咀嚼している時の顔が笑っているように見えるから、世界一幸せな動物と言われているそうです。展示時間が短いので、お見逃しなく。

 多摩動物公園は動物と山歩きを同時に楽しめます。紅葉の時期は美しい。でも、坂道の連続なので、車いすの方は無料のシャトルバスを利用することをお勧めします。要予約のライオンバスはライオンのすぐ近くまで運んでくれます。オランウータン、ライオンなど、どの動物も1種の数が非常に多い。特にキリンは世界レベルの繁殖率だそうです。コアラもいました。障害者専用の駐車場はありますが、一般の駐車場はありません。代わりに、民間の有料駐車場が近くに広がっていました。

理事長のひとりごと

あちこち動物園